ヘアケア不足や生活習慣病からくる薄毛の原因

男性型脱毛症のメカニズムは理解出来たと思います。

では、それ以外の可能性に関してはどうでしょうか。

ヘアケア不足と言うのは、頭皮や頭髪の清潔さを保つこと、キレイにしておく必要はありますが、皮脂を100%無くさない事です。

また、フケの防止、乾燥の防止をし、頭皮マッサージなどは髪の毛が生えて欲しいばかりに力任せにしない事です。

更に、髪の毛を濡れたままにはしておかない事も重要です。

とは言え、ドライヤーなどのかけかたは注意する必要があります。

最高出力の熱風などで乾かすのは良くありません。

出来る限り、最初は冷風で弱でゆっくりと乾かしていきましょう。

髪の毛に負担を与えない事が重要なのです。

また、洗髪の際も汚れを落としたいと考えるばかりに、力任せに洗ったり、爪を立てて洗ったりせず、指腹で優しくジックリ洗いましょう。

生活習慣病については、多くの人が理解していない事ですが、頭皮や頭髪も身体の一部です。

身体の他の部分が不健康であれば頭皮や頭髪も不健康な状態になるのです。

生活習慣病や、成人病等は血液に関するものが多く、血液は身体の養分、エネルギーである事から全身に満遍なく栄養が送られないのです。

当然、頭皮も頭髪もそう言う状態になり、栄養が充分に行き渡らずに髪の毛が弱くなり、抜毛の大きな要因になるのです。

 

コメントを残す