男性型脱毛症とは?

全体的な薄毛抜毛の場合は、確率的に言うと男性型脱毛症の可能性はそれほど高くありません。

しかし、その可能性も捨てきれないので男性型脱毛症のメカニズムについてご紹介します。

一昔前までは禿げと言えば、イコール遺伝と考えられていましたが、現在はその多くが男性型脱毛症からくると判っています。

男性型脱毛症は男性ホルモンの過多や、分泌の異常が起因となります。

男性ホルモンと体内にある還元酵素である5aリダクターゼと言う物質と結合することで起きます。

この2つが結合すると強力な脱毛作用のあるジヒドロテストステロンと言う成分に変化します。

このジヒドロテストステロンが発毛サイクルを著しく狂わせます。

抜毛サイクルが早くなり、発毛のサイクルが遅くなるのです。

抜毛に発毛が追い付かなくなる事でそのまま薄毛に発展していくのです。

今や、AGAと言う言葉や男性型脱毛症と言う言葉は、育毛剤や植毛のCMや広告で頻繁に耳にしたり、目にする事が増えたのではないでしょうか。

それほど、男性型脱毛症に注目が集まっており、現在は研究も進んでいる為、男性型脱毛症にかかっても治療の方法は確立されつつあります。

全体的に禿げてきた場合は男性型脱毛症とは違う原因も大きな要因ですので、それについても把握しておく必要があります。

 

コメントを残す